勉強嫌いの息子が最後までやり抜いた!「ドラゴンクエストゆうしゃドリル」が楽しかった話。

ゆうしゃドリル
この記事は約3分で読めます。

みなさん、お子さんは塾に通っていますか?また、家では進んで勉強をしていますか?

ぼくは小学生の頃、塾にも行かず、進研ゼミも数ページしか手を付けず、ゲームばかりしていた記憶があります。

その血をしっかり受け継いだ息子も、保育園の頃、自分からやりたいと言った「どらゼミ」を数ページでやらなくなりました(笑)

そんな息子(現在小学3年生)が最後までやり抜いた「ゆうしゃドリル」を紹介したいと思います。

この「ゆうしゃドリル」は、あのドラゴンクエストを開発したスクエニから販売されている公式の算数ドリルなんですよ!

ゆうしゃドリル

スポンサーリンク

ゆうしゃドリルは小学2年生向けの算数ドリルです!

まず、最初に伝えておかなければならないことがあります。

ゆうしゃドリルは「小学2年生」を推奨学年とした算数ドリルということです。

おそらく小学1年生では難しいと思いますが、決して小学3年生なら簡単というわけではありません。

出題範囲や内容を詳しく見ていきましょう!

ゆうしゃドリルの出題範囲は?

  • 簡単な足し算・引き算
  • 数字の大小比較
  • 簡単な図形
  • 水の単位の計算
  • 1ケタの掛け算
  • 時間の単位
  • 3ケタまでの足し算

上記のような出題範囲となっているため、小学2年生が推奨学年とされているわけですね。

次に、勉強嫌いの息子(小学3年生)が最後まで飽きずにやり抜くことができたポイントを紹介します。

ドラクエならではのストーリーを楽しめる!

だいたいのドリルって、ただひたすら問題を解いていくだけのものが多いですよね。

そんな中、この「ゆうしゃドリル」はドラクエならではのストーリーがふんだんに織り込まれているため、最後まで楽しみながらやり遂げることができたんだと思います。

最初は装備無しの状態から始まり、銅の剣を買い、様々なモンスターを倒し、ゆうしゃの剣とゆうしゃの盾を手に入れ、りゅうおうを倒す。

まるでゲーム感覚でどんどん進めたくなる要素がたくさんあるんですね。

ゆうしゃドリルの中はどんな感じ?

文字だけでは伝わらないと思うので、一部実際の写真を使って紹介します。

ゆうしゃドリル

↑簡単な計算問題から始まる

ゆうしゃドリル

↑剣と盾を購入する疑似体験

ゆうしゃドリル

↑ゴーレムのブロックを例にした図形の問題でゴーレムを倒す

ゆうしゃドリル

↑最後にりゅうおうを倒す

ゆうしゃドリル

↑各ページクリアしてシールを貼っていく

読解力が必要な問題も多々あるため、小学3年生なら楽勝♪というわけではなく、頭を悩ませながら取り組んでいました。

その分、クリアできたときの喜びは大きかったように感じます。

親子で挑戦する「ウルトラゆうしゃもんだい」も!

ところどころ、親子で挑戦する「ウルトラゆうしゃもんだい」が設置されています。

この問題、舐めてかかると痛い目にあいます・・・(笑)

親が間違えた時の言い訳ほど痛々しいものはないですよ・・・。

ここはぜひ、実際に購入して親子でトライしてみてください♪

小学2年生の復習はもちろん、小学3年生以上のお子さんの力試しにもピッタリな算数ドリルですよ!

子ども
スポンサーリンク
mumon_owlzをフォローする
もんブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました