おすすめの焼酎を紹介!|驚異の飲みやすさ!京屋酒造・甕雫(かめしずく)

この記事は約3分で読めます。

ビールがおいしい季節になってきましたね。

といっても、ぼくは年中クラフトビールを飲んでますが(笑)

今日は暑い季節にぴったりのビール!ではなくて、焼酎を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ芋焼酎に手を出したのか?

最近仲良くなった職場のA先輩は根っからの焼酎党。

ぼくは浅く広くのなんでも党?ですが、焼酎だけは苦手意識が強く、手を出していませんでした。

というのも、20歳で営業職をしていた時代に九州出張で、毎晩「黒霧島」を吐くまで飲まされてからというもの、自分から手を出すことはありませんでした。

しかし、A先輩の焼酎知識は驚くほど深く、そんなボク(焼酎初心者)にピッタリの焼酎をオススメしてくれました。

それが、京屋酒造の「甕雫」でした。

箱に入っています

取手付き(笑)

甕雫をおすすめする3つの理由!デメリットは?

おすすめする3つの理由

  1. アルコール度数が低い
  2. クセが少ない
  3. 風情がある
created by Rinker
甕雫 かめしずく
¥3,350(2020/04/05 08:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

デメリット:高い

1.アルコール度数が低い

普通の焼酎は決まって25度ですよね?

甕雫は20度なのでとても飲みやすい。

といっても20度あるので、アルコール特有の香りはします。

2.クセが少ない

焼酎を飲む方でも、「芋焼酎はクサいから麦焼酎しか飲まない」という方居ませんか?

ぼくもそんなイメージですし、実際、20歳のぼくにとって黒霧島はクサかったんです。

しかし、この甕雫は香りも去ることながら、エグみも少ないです。

3.風情がある

ぼくの中で、飲んでみようと決めた理由はここでした。

甕雫というだけあって、甕に入っているんです(笑)

普通は瓶に入っていてトクトクとグラスに注ぎますよね?

それが甕雫は瓶ではなく甕に入っていて、さらに柄杓で注ぐんです!

なんとも趣があるじゃないですか!

柄杓ですくってグラスへ

デメリット:高い

3つのおすすめポイントだけではなくデメリットもお伝えしておきます。

なにより高いです。

900㎖で3000円程度でした。

A先輩がおすすめしてくれた「桜泉」という焼酎は1800㎖で2000円ほどのようなので、約3倍という計算になりますね。

created by Rinker
井上酒造
¥1,896(2020/04/05 08:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

お小遣いを趣味に充てるお父さん世代にはなかなか厳しい価格ですが、お酒は嗜好品なので・・・。

甕雫を飲んだ感想は?

上記3つのポイントどおり、とても飲みやすく、焼酎初心者にはベストな1品だと思います。

created by Rinker
甕雫 かめしずく
¥3,350(2020/04/05 08:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

飲み方はロックで、氷の解け具合による変化を楽しんでいます。

「甕雫」で焼酎の楽しさが分かったところで、さっそく料理店で「佐藤 黒」「富乃宝山」を飲んでみました。

どちらも名酒ですよね?知識はありませんが、名前くらいは聞いたことがありましたし、A先輩もおすすめしてくれていた銘柄です。

「甕雫」とは全く違う香りですが、しっかり味わうことができました。

またひとつ、お酒を楽しむ幅を広げてくれたA先輩に感謝です。

 

お酒
スポンサーリンク
mumon_owlzをフォローする
もんブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました