ドラム式洗濯乾燥機の乾燥見直しって?!|パナソニックNA-VX7300Rのフィルター掃除

乾燥機 トラブル
この記事は約2分で読めます。

全国的に梅雨入りしてきましたね。

雨の日には乾燥機に頼っている方も多いのではないでしょうか?

我が家は一年中、タオルは乾燥機を使用していますが、ドラム式洗濯機での「乾燥見直しトラブル」がよく発生します。

この「乾燥見直しトラブル」は乾燥にかかる時間が伸びるだけでなく、電気代も余計にかかってしまうので、早めに掃除したほうが経済的に楽になります。

ではどうやったらいいのか?メーカー推奨の方法を写真付きで説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

乾燥見直しトラブルって?

引用:NA-VX7300取扱説明書

我が家の場合、「1時間30分」のまま数時間稼働し続けることもあります。

ナイトモードで夜中の電気代の安い時間帯に動かしているので、気づかず朝まで・・・といったことも多々あります。

そんな長い時間、乾燥し続けているかと思うとゾッとします。

メーカー推奨の手入れ方法

引用:NA-VX7300取扱説明書

このように書かれています。

①~③の簡単に取り外せる乾燥フィルターは比較的お手入れはしやすいですが、④番の乾燥フィルター(奥)が厄介です。

図のように手でなでるだけでフィルター詰まりは除去できません。

そこで、乾燥フィルター(奥)を取り外して掃除してみました。

オレンジ丸のネジを外して、手前に引っ張るようにすると外れます。

これで水洗いできるので、フィルターの目詰まりも除去できます。

戻すのは逆の手順で戻します。

いま紹介した乾燥フィルターを2か所掃除するだけで、「乾燥見直しトラブル」は大体収まります。

①~③で約3分(水洗いする場合は約5分)

④~⑤で約2分(水洗いする場合は約5分)

どちらも水洗いしても、約10分もあればキレイになります。

さらに分かりやすく、詳しく説明されている記事を発見しました!

ようでんのヨメしのぶさん

まとめ・こまめな掃除で電気代を抑制しよう

メーカー推奨のお手入れ方法を紹介しました。

我が家のように、夜中に稼働させている方は、朝起きたタイミングで乾燥が終わっていれば、何の問題もなく乾燥できていると思っていませんか?

しかし、実際はそうでない可能性があるんです。

さらに、乾燥機の出番が多くなる梅雨時期なので、「電気代の増加は仕方ない」と気づかないままだと、無駄に電気代を払うことにもなりかねません。

乾燥機を使用するたびにお手入れができる家庭は少ないのではないでしょうか?

せめて週に1度はフィルターを確認して、ほこりが溜まっていたら掃除をする習慣を付けていきたいですね!

DIY
スポンサーリンク
mumon_owlzをフォローする
もんブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました