【コーヒー初心者必見】「美味しい」ハンドドリップコーヒー。基本の淹れ方、4つのポイント。

コーヒー 初心者 淹れ方
この記事は約6分で読めます。

コーヒーのハンドドリップを始めるため、道具を一式そろえてみたものの・・・

 

たまにしか美味しいコーヒーが淹れられない・・・

 

という方、多いのではないでしょうか?

 

それもそのはず。コーヒーは次の9つの要素によって味が変わります。

  • 豆の産地
  • 焙煎度
  • 豆の量
  • 挽き具合
  • ドリッパーの種類
  • 湯温
  • 抽出量
  • 蒸らし時間
  • 抽出時間

これだけ多くの要素が絡み合っているので、何気なくコーヒーをいれてしまうと、「昨日は美味しかったのに、京は美味しくなかった。」ということになってしまうんですね。

 

もん
もん

まずは基本の淹れ方をマスターするといいですよ。

 

今回は、コーヒーのハンドドリップを始めたばかりの初心者がマスターするべき淹れ方のポイントを4つに絞って紹介したいと思います。

半年以上、コーヒーノートを書き続けているぼくが、美味しく淹れられたときの共通点をまとめたものなので、コーヒー初心者の方もきっと美味しいと思えるコーヒーが淹れられるようになりますよ。

 

コーヒーの道具を持っていないんだけど・・・

という方は、下記記事を参考にして、お気に入りのコーヒーアイテムを揃えてから読むことをオススメします。

【2021年最新版】コーヒー初心者が揃えるべきアイテム4つ。タイプ別にオススメを厳選。

基本のハンドドリップ。4つのポイント

冒頭で、コーヒーハンドドリップに関する9つのポイントを紹介しましたが、コーヒー豆の産地や焙煎度というのは、豆を買った時点で決まっていますよね。

そのため、コーヒーを淹れる側でコントロールできる、次の4つに絞りました。

  1. 抽出量
  2. 豆の量
  3. 湯温
  4. 蒸らし時間

この4つを意識するだけで、コーヒーの味が安定するので是非試してみてください。

1.抽出量(飲みたいコーヒーの量)

 

いつもコーヒーを飲むときに使っている、お気に入りのカップに何㎖入りますか?

 

もん
もん

ぼくは250㎖入るマグカップを使っています。

まずは「何㎖飲みたいのか?」をしっかり覚えておいてください。

我が家は、この250㎖入るマグカップに160㎖入れて飲んでいます。色違いを夫婦で使っています(^^)

2.豆の量(飲みたいコーヒーの量÷16)

 

1杯あたり何グラムのコーヒー豆を使えばいいのか?ですが、先ほどの「飲みたい量」をもとに計算します。

基準の淹れ方で使う豆の量は「飲みたい量÷16」。

ぼくが飲みたい量は160㎖なので、160÷16=10。10gの豆を使って160㎖のコーヒーを淹れるという計算になりますね。

 

では、どうやってコーヒー豆の分量を決めればいいのでしょうか?

 

目分量でいいんじゃない?

もん
もん

目分量だけは絶対ヤメた方がいいですよ!

目分量でなくても、メジャーカップと呼ばれるコーヒー用の計量スプーンでも、すりきり1杯なのか、山盛り1杯なのかで簡単に数グラム変わってきます。

コーヒーの1グラムはほんの数粒ですが、1グラムで味わいが大きく変わってくるんです。

 

もん
もん

100均のものでいいのでキッチンスケールを使いましょう。

 

いま使っているキッチンスケールが壊れたら、絶対に買いたいスケールはこれです。

あとで説明する蒸らし時間も一緒に測ることができるので、とても便利なんですよ。

 

3.心地よいお湯加減=88℃

 

あなたは、お湯の温度を測っていますか?

 

沸騰したお湯をそのまま使ってるわ!

もん
もん

コーヒーがビックリして苦みが強くなりますよ!

 

「沸騰したお湯を一呼吸おいて・・・」と書かれていたりしますが、夏と冬で室温は全然違うのでアテにならないためです^^;

湯温計を使って、基本は88℃のお湯で抽出しましょう。

カフェや喫茶店に行くと、必ずと言っていいほど湯温計で測っています。それくらい重要なアイテムなので、もし、使っていないお店があれば、適当なお店か、肌で湯温を感じることができる本物のプロのどちらかでしょう。

コーヒー 湯温計 タニタ

 

4.蒸らしはじっくり30秒

 

次のような方はいませんか?

 

時間がないから一気にお湯を注いでいます!

もん
もん

いっそのこと、コーヒメーカー買いましょう。

蒸らしは30秒。

この数字はどこのサイトでも、ほぼ間違いなく書かれていることでしょう^^

もし、この蒸らしにかかる30秒が待てない方は、ハンドドリップはやめた方が良いかもしれません。

 

もん
もん

蒸らし時間はとても重要ですよ。

 

 

30秒しっかり蒸らしてやることでコーヒーの抽出をスムーズにします。

抽出時間は3分以内ということも言われますが、まずは、蒸らし時間をしっかり測ることを優先してください。

ぼくは、スマホのストップウォッチ機能で時間を計っていますが、友人はキッチンタイマーを使っていますね。

 

【まとめ】ハンドドリップコーヒーの淹れ方。ポイント4つ

これまで紹介したポイント4つをおさらいしましょう。

  1. 飲みたい量を知る
  2. 豆の量を量る(飲みたい量÷16)
  3. お湯の温度は88℃
  4. 蒸らしは30秒

この4つを意識すれば安定したコーヒーが淹れられるようになりますが、もし、「苦い」「酸っぱい」「薄い」「濃い」と感じた場合の調整方法も伝えておきたいと思います。

濃かった・苦かった場合の調整方法

  • 【豆の量】飲みたい量÷17にしてみる
  • 【お湯の温度】2度ずつ上げてみる

薄かった・酸っぱかった場合の調整方法

  • 【豆の量】飲みたい量÷15にしてみる
  • 【お湯の温度】2度ずつ下げてみる

注意してほしいのは、抽出量と蒸らし時間は変えないという点です。

豆の量とお湯の温度で調整してしまうと迷宮入り必至です。

最初は面倒に感じるかもしれないですが、この4つを抑えるだけで本当にコーヒーの味が安定してきます。

今回紹介した淹れ方をマスターしてはじめて、「濃いコーヒーが好き」「苦いコーヒーは苦手」「酸っぱいコーヒーも飲んでみよう」など自分好みのコーヒーを探せるようになってきます。

 

もん
もん

この淹れ方をマスターしたらコーヒー生活がさらに楽しくなりますよ♪

好みのコーヒーの見つけ方。まずは焙煎度の違いで探してみては?オススメのコーヒー屋さんも紹介。

わたしもこの初心者レベルだったときは、コーヒーを淹れるたびに味が安定せずモヤモヤしていましたが、初心者を抜け出した今は、色んなコーヒーと出会うのが楽しくて仕方ありません!

少しでも早く初心者を抜け出して、一緒に楽しいコーヒー生活を送りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました