コーヒーミルの選び方|ハリオはおすすめじゃない?絶対にタイムモアC2を買っておいた方がいい。

この記事は約7分で読めます。

ハリオのセラミックコーヒーミルを購入して約半年が経過し(2021年1月執筆時点)、新しいミルを購入しました。

その名も『タイムモアC2』・・・その性能に驚愕しています。

  • コーヒーを始めたばかりでミルの購入を検討中の方
  • コーヒーを豆のままで買おうと思っていてミルが欲しい方

きっと候補に入っているであろう、ハリオのセラミックミルは候補から除外したほうがいいかもしれません。

タイムモアC2、ハリオセラミックミルの良い点・悪い点をそれぞれ比較していきます。

ハリオのセラミックミルを半年間使って感じたこと

コーヒーのハンドドリップを始めようとしたとき、まず言われるのが「コーヒーは豆で買いましょう。安いコーヒーミルでいいので挽きたてをドリップしましょう」です。

コーヒーにハマってすぐ、知人にも同じように「安いコーヒーミルでいい」と言われ、アマゾンでの評価も高かったハリオのセラミックミルを購入しました。

ハリオ コーヒーミル

当然、最初は満足していましたが、美味しいコーヒーを求めていくうちにある疑問を感じ始めました。

このコーヒーはどうしてエグいんだろう?

なんでこんなに雑味が出るんだろう?

挽きたての豆で淹れたコーヒーは美味しいんじゃなかったのか?

さんざん悩んだ結果、「コーヒーミルの性能が低い→挽きムラ・微粉が発生→エグみと雑味が出ている」という考えに至りました。その解決策として、ハリオのコーヒーミルを自分で改良することで、挽き具合をかなり揃えることはできましたが、それでもまだ納得がいきません。

さらに挽き具合を均一にして、まだまだ多い微粉を減らしたい。半年間使ったハリオのセラミックミルに限界を感じ、金属刃のミルを探し始めました。高性能手挽きミルで有名なコマンダンテZproは3万円以上もするため、わたしのように手が出ない方も多いと思いますし、そもそも品薄で手に入りづらい状況が続いています。

そんな中みつけたタイムモアC2は価格が7200円と少し頑張れば手が届く設定で、Amazonに公式ショップがあるので翌日配送が可能です。

タイムモアC2というコーヒーミルを買ってみた

ハリオのセラミックミルとタイムモアC2の外観、ミル刃の違い、性能などを比較していきます。

ハリオとタイムモアの外観

左がハリオのセラミックミル、右がタイムモアC2です。

精悍な佇まいのブラック。

単体で見るとハリオもシンプルでオシャレですが、並べるとチープ感が際立ちます。

ハリオとタイムモアのミル刃の違い

大きな違いはミル刃の材質。左がハリオのセラミックミル、右がタイムモアC2。

ハリオセラミックミルは名前のとおりセラミックで出来ていて、水洗いが可能ですが、タイムモアC2は金属刃のため水洗いは不可能です。衛生的にはハリオのセラミックミルがいい。

持ちやすさと挽き心地を比べてみる

まずは半年間愛用してきたハリオのセラミックミル。

クビレがある部分は細いですが、他の部分は割と大き目な手のわたしでも太いと感じる太さで、コーヒー豆をひいているとだんだんと手が疲れてきます。

挽き心地はゴリゴリとすり潰している感覚なので、固い浅煎りのコーヒー豆はかなりの重労働。

 

タイムモアC2は持ちやすい太さの寸胴タイプです。

挽き心地はサクサクと軽く、コーヒー豆を切っている感覚。もちろん、浅煎りは引っかかることもあるけど、それでも気持ちいい。

一日に何回もコーヒーを飲む休日でも疲れが出にくいです。

 

ミル刃の違いによるコーヒー豆の挽き目の差

これがハリオのセラミックミルで挽いたコーヒー豆。【ハリオ】セラミックコーヒーミルの挽き目をたった3分でワンランクアップする方法で撮った写真で、左が改良有、右が改良無。

改良有の方が挽き目は揃っていて、改良無は挽き目のバラつきが大きいです。

次にタイムモアC2の挽き目です。

もちろん、何も改良を加えていないノーマルな状態でこの挽き目。若干の微粉はあるものの、粒度の均一性は目を見張るものがあります。

 

タイムモアC2の容量は注意が必要

わたしが普段淹れるコーヒーは2人分。

一度に20gは使うので、商品ページに書かれていた容量:20gという表記を信じて買いましたが、実際20g入るのは浅煎り~中煎りまでに限られるかもしれません。

参考までに、深煎りと中深煎りの豆※で実際の容量を比べてみます。
※2021/1/29執筆時点で手元に浅煎りのコーヒー豆がありませんでした。。

 

岡山の折り鶴さんで購入した、かなり深煎りのブラジル・完熟トミオフクダ。どっしりと濃厚なコーヒー。

 

深煎りは軽いので、タイムモアC2には20gが精いっぱい。

 

フタはギリギリできるので、なんとか挽けるというレベル。

 

次にハリオのセラミックミル。

25gは普通に入りますね。

投入部はまだまだイケるレベルですが、受け部に入らないと意味がないのでこれが限界かなと思います。

 

中深煎りは東京は蕪木さんのエチオピア・シェカ。良い溜息が出るコーヒーです。

 

タイムモアC2には26g入りました。

 

フタも普通に閉まってイイ感じです。

 

次にハリオのセラミックミルで試します。

中深煎りとはいえ30gを超えました。余裕で2人分のコーヒーを淹れることができます。

 

当然、投入部も余裕があります。

 

20gしか入らないタイムモアC2で深煎りを24g挽くとなると、12gずつ2回に分けて挽くなどの工夫が必要になりますが、受け口を一旦取り外すときコーヒー豆がネジの溝に嚙みこむため掃除をしなければなりません。

これはかなり面倒な作業になるので、容量だけで言えばハリオに軍配が上がります。

 

 

他にタイムモアC2で気になるところ

他にもタイムモアC2で気になる部分はあります。

まず、収納が微妙に困る点。

ハンドルを外してフタに引っ掛けることができるハリオに対し、タイムモアC2はハンドルを取り外したところで置き場に困るため、ハンドルを付けたまま収納しなければなりませんし、持ち運びに困りそうです。

容量は15gと少な目で値段も張りますが、ハンドルが折りたためるナノなら持ち運びもスマートですね。

 

あと、投入部と受け口が金属でできているので、締めるときに黒板を爪で引っ搔いたようなイヤな音がします。

ハリオは投入部も受け口もプラスチックなのでその心配はありません。

 

まとめタイムモアC2は高性能で低価格

ハリオのセラミックミルとタイムモアC2を比較してきました。表にまとめてみると次のようになります。

ハリオセラミックミルタイムモアC2
外観〇(シンプル)◎(精悍な佇まい)
お手入れ◎(すべて水洗いOK)△(水洗い不可)
価格◎(約2000円)〇(約7000円)
挽き目△(改良すれば〇)◎(かなり均一な挽き目)
挽き心地〇(ゴリゴリと重い挽き心地)◎(サクサクと軽い挽き心地)
容量◎(30g前後で2人分も余裕)〇(20g前後で2人分は厳しいことも)
収納◎(ハンドルをフタにかけられる)〇(スリムだがハンドルをしまえない)

それぞれ、メリットとデメリットが分散される結果となりましたが、コーヒーのハンドドリップで大事なのはやはりコーヒー豆の挽き目がいかに均一か?です。

週末に一度だけコーヒーを楽しむ方も、毎日コーヒーを飲む方も、少しでも美味しいコーヒーを飲むためにコーヒーミルを買おうとしているはずですよね?

どうしても「最初だから・・・」と安いミルに手を出しがちだと思いますが、わたしは確実にタイムモアC2をオススメします。たとえ、5000円高くて容量が少なくてもです。

それでも安いハリオで良いという方も居るはずです。挽き目が揃っていなくても、容量が多くて水洗いできるのは大きなメリットだと思いますし。。。

初めてのコーヒーミル選びの参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました